学校法人身延山学園 身延山大学 読み込み中...

学校法人身延山学園 身延山大学

学校法人身延山学園 身延山大学

卒業生の声

大学と連携しながら、山梨県の伝統的な瓦の面白さを子どもたちに伝えていきたい

写真 若草瓦会館 館長 学芸員 永利 郁乃さん

2006年3 月仏教学科 仏教教養コース(現文化コース)卒業
大宰府高等学校出身

高校は芸術科で、油彩を学んでいました。先生に勧められて工房を見学し、入学。立体を制作する面白さを実感し、ラオスの研修旅行にも参加、身延山の仁王像の修復も学生時代に体験しました。九州では文化財調査の仕事などにも携わりましたが、大学の先生に声をかけられて、南アルプス市にある若草瓦会館で学芸員を務めはじめたのが2011年の11月。翌年の5月に館長になりました。山梨の伝統的な「鬼瓦」を扱うこの会館には、社会科見学の子どもたちも数多く訪れます。体験工房での指導をはじめ、瓦を利用した製品の企画などにも学生たちに積極的に参加してもらえるようにしたいと考えています。

「ここが私の居場所」と思えるような介護施設を創るのが夢です!

写真 短期入所生活介護事業所 清珠荘 久遠の里 介護福祉士 笠井 未来さん

2011年 3月 福祉学科 介護福祉コース(現福祉学コース)卒業

小さい頃、病気になった時に、地域の人々にとてもよくして頂きました。その体験から、将来は人の命や体に携わる仕事をしたいと思ったのです。自宅からも近く、介護福祉士とともに社会福祉士の受験資格を取得できる福祉学科へ入学。実習も体験させて頂いたこの事業所で、大学4年生の5月から介護の仕事をしています。20床のショートステイの施設ですので、毎日、地域のいろいろな方が訪れますし、また一人ひとりの利用者の体調やニーズも違います。「ここに来て、楽しかったよ」と思ってもらえるように、利用者の気持ちに寄り添った介護を心掛けています。社会福祉の国家試験に合格して、最終的には、自分で施設を運営していきたいと思っています。

62歳で大学3年生に編入学。今までの人生の中でいちばん面白く学びました。

写真 自営業・あいリレー介護事業グループ 村上 泰義さん

2013年3月仏教学科・宗学コース卒業
茨城県出身 日本大学(編入学)

還暦祝後に大病・大手術。5ヶ月間の入退院の後、身延山大学の編入学の案内が目に留まりました。シニア割引制度もあり、70歳代の方も学ばれているとの事でした。今までの中でこれほど面白く、一生懸命勉強をしたことはありませんでした。仏教・法華経・宗祖日蓮聖人の教えは、まるで自分が実社会で経験してきたそのもののようでした。釈尊の説く法華経のの世界を日蓮教学の中から見つけ出して、自分自身を励まし、信じて生きていくことをこれからの自分の人生の証明としていきたいです。